Nadi | Kyoto Kitayama Outdoor & Studio Fitness Club

クラス予約

Nadi | Kyoto Kitayama Outdoor & Studio Fitness Club

blog

スタッフブログ

「京北の森を走る」Kyoto Woods Keihoku Trail 2017

2017.04.23 / Category: KYOTO WOODS HANASE Project, RUN FREE AMIGOS con Naotaka, アウトドアプログラム, トレイルランニング, 未分類, 環境

share:

先週末は、「京北の森を走る」Kyoto Woods Keihoku Trail 2017に
ナビゲーターとして参加してきました。

18010088_767821936715613_4266142183409188494_n

参加された皆様、ご協力頂いたスタッフの皆さん、お疲れ様でした。
僕自身も大変楽しい2日間を過ごさせて頂きました。
ありがとうございます。

旧京北町(現右京区京北)を一周する京北コースは、北山杉の森林や清流・田園風景に恵まれ、歴史も深く、もともとあった古道をトレースしてトレイルをつなげています。

18033380_767822026715604_2045610223715902327_n

明智光秀が作った総石垣作りの周山城跡の石垣や滝又の滝などの見どころ満載。
中でも京北一帯を見渡せるパラグライダー場は絶景で、

18056940_767821506715656_5366988849281459083_n

名産である美しい北山杉の林を駆け巡りながら、随所で遅咲きの山桜も楽しめました。
比較的に低山でトレイルはじめての方も安心して楽しめるコースで、皆さん笑顔で安心して走られていました。

18010383_767823893382084_5524694371736599517_n

18056973_767822213382252_7394057775274756755_n

京北町は、京都市内より車で1時間ほどで行ける緑豊かな自然に囲まれた里山で、
古来より平安京や寺社仏閣に使われる木材を供給し、
京都の町づくりに深くかかわってきたそうです。
現在は、御多分に洩れず人口減少や高齢化の進行に歯止めがかからず、地域活力の低下が懸念されています。

18010393_767822103382263_358243478022051180_n

そんな折、「地域おこし」の一環で地理的特性や自然環境を利用したトレイルランニングの大会を開催し、一部では来訪者の増加や、域内消費の増加につながっていることに注目し、京北町でも11月に大会を開催する予定となりました。

今回は、そのプレイベントでコースを一部変更し、2日間に区切って1周する1泊2日で走るイベントでした。

17952997_767821816715625_3363545415867624888_n

18033262_767821926715614_7216906635998270282_n

 

18057118_767821670048973_232375959196065721_n

18010088_767821936715613_4266142183409188494_n

Kyoto Woods として花脊に引き続き京北の魅力をお伝えできるよう尽力させて頂きますので、

今後ともよろしくお願いします。

Naotaka

 

1/27【fri】 朽木スノーボードレッスン with NAOTAKA

2017.01.30 / Category: Blog, NAOTAKA, RUN FREE AMIGOS con Naotaka, トレイルランニング, 季節限定プログラム

share:

こんにちは。
久しぶりの大雪でしたね…
せっかくなんで、金曜日のトレランビギナーのレギュラークラスをメンバーさんのご要望によりいつもは走りに行く朽木へスノーボードをしに行きました!

ちなみに僕は、トレイルランニング歴よりスノーボード歴が長い生粋のスノーボーダーです(笑)

スノーボード①

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

朽木は、本当にアットホームな小さなゲレンデですが、はじめての方でも大歓迎。

スノーボード③

今回は、レンタルを借りて、早め昼食を済ましてから12:00からの午後券で滑りはじめます。

スノーボード④

天気は、快晴です。

スノーボード⑤

思ったよりも暖かくコンディションも少し雪は水分が多いもの快適。

スノーボード⑥

ゲレンデも午後3時には、貸し切り状態ですね(笑)

スノーボード⑦

皆さん楽しんで滑りました!

スノーボード⑧

こんな感じで雪が降ったら行き先変更してまたスノーボードに行きたいと思います。

スノーボード⑨

2月も最終週の金曜日は、ご要望が多ければスノーボードに変更するかもしれません(笑)詳細は、NAOTAKAもしくは、Nadiスタッフまでお願いしますね~。

スノーボード⑩

 

NAOTAKA

『9to5』 ナイントゥファイブ

2016.12.25 / Category: Blog, OPENDAY, RUN FREE AMIGOS con Naotaka, WS, トレイルランニング

share:

「9to5」

ずっと温めてきた企画をようやく実現できました。
いろいろなイベントやレースに出てきていつも思うのは、距離や速さに魅力を感じる人があまりにも多いなって。

もちろんそれも悪くない、でも、僕にはなんかしっくりこない。
レースの試走や練習ではなくもう少しトレイルランニングを純粋に楽しめないかなって。

15731397_1156966721088359_320531151_n (1)

朝から晩まで・・つまりは、9時から5時まで時間にこだわって楽しめる企画。

そんな気持ちをこのイベントにこめました。

15731185_1156966757755022_2028584027_n

そこで、大切なのは、手伝ってくれる仲間の存在。

同じ価値観を共有する「Run Free Amigos」のメンバーに一緒に走ってもらうことにしました。

 15683550_1156095957842102_1343290765_n

記念すべきVol.1は、東山トレイル。

京都一周トレイルでも最も走りやすいコースです。

15731021_1156975901087441_1031959493_n

8:45 

朝のブリーフィングで、注意点を話します。

一番大切なのは楽しむことですよね。

ハイカーさんなどの登山者や観光されている方の思いやりも大切です。

15723813_1156095967842101_684723065_n

9:00 

nadiを出発

今回は、総勢20名で17:00を目指します。

15682630_1156106051174426_2024850389_n

9:20 

北山駅から国際会館まで地下鉄に乗り、比叡山の梅谷の登り口を目指します。

登山口までは、しばらくロードが続きます。

15723814_1156106041174427_1288013326_n

9:50 

いよいよトレイルに入りました。ここから分岐まではしばらく上りが続きます。

15731362_1157031744415190_866814723_n

10:30  

水飲退陣の分岐より京都一周のコースに入ります。

15724162_1157032027748495_2026085519_n

ここからはゆるやかな下りがつづきます。

 15713394_1156975931087438_1734896093_n

もちろんところどころブレイクポイントをとり、ゆっくり走るランナーを迎えます。

 15713081_1156976017754096_857210358_n

11:15 

約10km地点になる北白川別当町のファミリーマートで30分休憩・補給して大文字山を目指します。

頑張った5歳のはるちゃんとは、ここでお別れ。よく頑張りました。 

15731360_1157029037748794_1270889948_n

12:10 大文字の火床に到着。悪天候の中でも笑顔で記念撮影。

15683613_1156103951174636_1350845541_n

13:00 

大文字山山頂の三角点(465m)に到着。今回のコースで一番高い標高になります。

そして、ちょうど中間地点でオンタイム。まだまだ皆さん元気です。

 15683184_1157033461081685_111526608_n

大文字山から南禅寺に続くトレイルは、適度な傾斜で走りやすく

一番楽しめる下りですね。

 15722776_1156966841088347_1999073348_n

 

15731084_1157063524412012_1773556817_n

13:30 南禅寺で、みんなで記念撮影。

15673159_1156104064507958_1704088147_n

こんな場所に寄れるのも京都のトレイルの魅力ですね。

 15712933_1157043817747316_635667296_n

14:30 

将軍塚では、降り続いた雨もやみ光もさしてきます。

 15731550_1157037644414600_1484000614_n

15:00 

せっかくここまできたので清水寺で少し観光。

15682737_1156104084507956_567432096_n

さすがにこのいでたちでは目立ちますよね(笑)

 15712979_1156976177754080_1006887731_n

16:30 稲荷山中腹に到着。

15723979_1156104087841289_364240891_n

ここからゆっくり鳥居くぐりながら下ります。

15723988_1156975891087442_806384739_n

17:00 

伏見稲荷に到着。

15731046_1156966684421696_199910500_n

 次回Vol.2は3月に開催予定。

To Be Continued…..

15723980_1156966747755023_2136559901_n

という訳で、みなさん無事に8時間、28kmのロングトレイルを満喫しました。
これからも楽しいイベントを継続してロングトレイルを紹介していきたいと思います。
ご一緒したみなさんありがとうございました。また、一緒に走りましょう‼️

15731397_1156966721088359_320531151_n

 Naotaka

斑尾高原トレイルランニングレース 「Madarao Forest Trails 50km」 その2〜レース前編〜

2016.10.31 / Category: Blog, RUN FREE AMIGOS con Naotaka, アウトドアプログラム, トレイルランニング

share:

今回は、当日のレースの前編です。朝からみんなどうしてるのか興味のあるところですよね…

ペンションでは、4:30に起床。

5:00にスタート会場に向かいます。スタート前、朝の5:30の斑尾高原。まだ朝靄がかかってます。

①

スタートは、6:30。それまで前夜祭の会場でみんなで朝食をとります。

おにぎり、サンドウィッチ、スープ、ジュースやコーヒーなんかがおもなメニュー。

もちろんトイレもすませます。

② 

スタート10分前。列にそろそろ並びはじめます。約400名近く。トップ選手は、もちろん前列に並びます。

ですが、斑尾高原のレースは、トレイルを楽しむ方が多いので和やかな感じです。

③

6:30 スタート。迫力ありますねよね〜。50kmの旅の初まりです。

④

スタートと同時に颯爽と走り出したMASA。ゲレンデで応援する人の間を駆け抜けます。

⑤

ゲレンデをバックにNadi会員の一平さん。

初のトレイルのレースと思えない笑顔です。

⑥

斑尾山は、1,382m。山頂からは、野尻湖や妙高山が見えます。

天候に恵まれてすごく走りやすい気候でした。

⑦

斑尾山からの下りは、とても気持ちよく飛ばしてしまいそうですが、まだまだレースは、続きます。

ここは、グッと我慢します(笑)

⑧

23.9km地点の第一関門のレストランバンフ。3つ目のエイドステーションでもあります。

エイドステーションでは、水を補給したり食べ物を食べたりして少し休憩もできます。フルーツやお寿司なんかも出てついつい食べ過ぎたりして…もちろんくつろぎ過ぎは、NGですよ(笑)

家族と記念写真を撮る余裕のMASA

⑨

メジャーリーガー?SATORU

⑩

乾杯ポーズのMIKIちゃんもまだまだ余裕…エイドには、バナナが山積みでコーラも並んでいますね。

⑪

一平さんもまだまだ余裕の顏です‼️

⑫

一方、会員のエリさんは、16kmのビギナークラス出場。楽しみながら見事完走。さすが!

⑬

というわけで、この後50kmのみんなは、完走できるのか?

レース後編のゴール編に続きます。

 

To be continued…

⑭

 

NAOTAKA

斑尾高原トレイルランニングレース 「Madarao Forest Trails 50km」その1〜前日編〜

2016.10.17 / Category: Blog, RUN FREE AMIGOS con Naotaka, アウトドアプログラム, トレイルランニング

share:

今回より、ブログを担当させてもらう事になりました、Naotakaです。

普段は、トレイルランニングやトレッキング、ランニングなどのレッスンを担当しています。山やトレイル、レースなんかの魅力を伝えていきたいと思いますのでご興味持って頂けると幸いです。

image1

 一回目の今回は、斑尾高原トレイルランニングレース Madarao Forest Trails 50km〜前日編〜です。

今回は、Nadiお馴染みのメンバーでの参加です。

image2

このレースは、僕がもっとも好きなレースのひとつで、標高1,000mの高原に延びる総延長50数kmのトレッキングトレイルです。3つの山頂と4つの湖沼、そしてどこまでも続く森の中を駆け抜ける… ブナの森の爽やかさ、フカフカとした足裏の感触、そして稜線から望む絶景。競うだけじゃないトレイルランニングの真の醍醐味を体感できます。

image3

コースプロデューサーは、パタゴニアアンバサダーの石川弘樹さん。今回は、記念すべき10回大会でレースにも参加されました。

image4 

斑尾高原が位置するのは長野県と新潟県の県境です。Nadiから車で約6時間ぐらいで到着します。レースは、前日受付。のんびり現地に向かいます。

駒ヶ根インターでの一コマ。

ここのソフトは、最高に美味い!

image5

大会会場に到着。たくさんのパタゴニア、グレゴリーをはじめ色々なブースが出ていて新製品なども楽しめます。

image6

お祭りのような人だかり。ほんと縁日のような和やかな雰囲気です。

image7

いったん前夜祭まで時間があるので、お世話になるペンションに戻ります。斑尾高原には、100軒以上のホテルやペンションがあるそうです。

image8

明日の準備をしながら参加賞のTシャツを着てみんなでリラックス。

image9

前夜祭では、翌日のトレイルランナーが一同に会してみんなで食事をします。ケータリングの立食パーティで、明日に備えてみんな食べる食べる…缶ビールもでますが飲み過ぎ注意ですね(笑)

image10

インストラクター同士の作戦会議。

MASAは、10位入賞を目指しています。SATORUは、斑尾初挑戦。

montrailのMIKIちゃんと僕は、ロングレース明けなのでファンランですね(笑)

image11

もちろん翌日の完走を祈願して乾杯も、忘れていません。

image12

では、次回レース編もお楽しみに!

 

NAOTAKA

  • Nadi Staff Blog はこちら