Nadi | Kyoto Kitayama Outdoor & Studio Fitness Club

クラス予約 クラス予約

Nadi | Kyoto Kitayama Outdoor & Studio Fitness Club

blog

スタッフブログ

〝Everyday 20km Running〟〟【SATORUの走行記~前半~】 

2021.06.01 / Category: Blog, GVRAT1000k, ランニング

share:

最近、毎日続けている習慣ってありますか?

前回ブログでご紹介した1,000Kmを走破するバーチャルオンラインイベント参加を機に
ワタクシゴトですが、毎日続けるちょっとしたお1人チャレンジをはじめてみたんです。

バーチャルイベントでは、4ヵ月で1,000Km走破の設定のため
せっかく走るんだったら、
ヒトが走る事を続け習慣化するまでのプロセスを自分なりに分析してみようと思ったんです。

分析というと、仰々しいですが
まぁ、自分なりの楽しみの1つとして色々探ってみようって感じですかね。

そこで最初に考えたのが
そもそも、習慣とはどういった概念なのか。。。

習慣とは
ある事が繰り返し行われた結果、その事がしきたりになること。
日常の決まりきった行いのこと。長い間することにより、あたかもきまりのようになること。
反復によって習得し、少ない心的努力で繰り返せる、固定した行動のこと。

ふむふむ、
「自分にとって〝走る〟こととは習慣なのか?」

最初に、そこから自らに問いかけてみた。
日常の決まりきった、固定した行動と言えるには…
辿り着いたのが、走るを「毎日続けてみる」ことでした。

それも自分にとって少し大変だな、できないかもと考える、やや高負荷の方が
変化がわかりやすいじゃないかと考えたんです。

そこで、いつものランニングのペースでは簡単には達成できない
20kmというキョリを設定してみました。
そんなこんなで5月から自分のルールで毎日続ける事になったランニング。

〝Everyday 20km Running〟

ここでは、日々継続する中で感じるカラダや心の変化を
ワタクシSATORUの身体を実験台にして、シェアしていければと思います。

 

【Everyday 20km Running SATORUの走行記】
3日目
坊主の分かれ道

3日坊主と言いますが、この期間でヒトは自分自身が本当に続けるのかどうかを
自分なりの判断基準で意思決定しているような気がするんです。
逆に言うと、3日続けれたらもう10日も20日も続いたも同然って事ですかね(笑)。
ということで坊主はなんなく乗り越え、3日越えればずっと続けれると
天狗のようにぐんぐん鼻が伸びるモチベーションでスタートしていく序盤戦。

7日目
カラダの様子

1週間が経ち、走りはじめの数分間は走ることへ向き合う時間にする事にしました。
20Kmもあると、自然と自分のカラダに向き合うようになりますが、
はじめは、フィジカルの変化に目が向くようになってきます。
だんだんと、身体の微細な状態にも意識を向けるようになっていきました。
ちなみにこの日は、ポケットに穴が開いておりカギを落としてしまい
通ってきた2Kmの道のりを10往復、
自らのカラダではなく、ずっと足元をみながらのランニングになりました。

 

10日目
走ることの意味

このくらいになると走る中で、考える事が今までより多くなり
どんどん深掘りするようになってくるんです。
この日は、『何故毎日走るのか。』
走ることの意味を問いかけるようになってきたんです。もう哲学ですよね(笑)。
振り返ると今まで走っている時、そこにはフルマラソン自己新やウルトラトレイル完走などなど
超えたい未知のゴールや、昔の自分タイムなど、
達成するための明確な目標がそこにはあったん気がするんです。
ただ、今回は毎日続けてみること、習慣にすることがテーマな故、
自分なりに走ることの意味を深堀りして考えていくと、
新たな自分にとっての思考の発見がありました。
ここに関してはとても長くなりそうなので、またランニングクラスなどでお会いした時にシェアできればと思います。

 

13日目
帰省。

この日は一度やってみたかった実家へランニングで帰省。
京都から実家のある奈良県宇陀榛原までの85Kmの道のり。
次の日が休日の寝る前に思い立ち実施してみました。
この日のミッションは、母の日のお礼とナイター開始までに到着し、父と野球観戦をする事。
もちろん走って行くことは黙っていましたので、到着後「あんたアホやろ」と快く出迎えてくれた母でした。
また、好ゲームのナイター観戦も父と楽しめミッションコンプリート。レースとはまた違った楽しみ方です。
今まで車で帰省していた時とは違う、足で到達すると頭の中で繋がり拡がっていく感覚がめちゃめちゃ新鮮でした。
みなさんも一度実家まで走ってみて下さい。


15日目
平常心是道

梅雨に入り、天候によって走るタイミングを左右されるようになります。
この時期は、継続するモチベーションをどう維持するかが問われてくるんです。
ここまで順調に毎日20km、数日前には85kmもこなしてきた事もあり
気が付けば、実施中のバーチャルレース上でなんと、日本人TOPということを参加者から知らされました。
ここからの数日間、抜きつ抜かれつのデットヒートを目には見えない遠方にいる日本人選手と繰り広げることに。
特に誰かを意識して続けてきたことはなかったので、気にはしていなかったはずなんですが…。
不思議とこの日からの数日間は、何か気持ちが焦ったり、身体も重く感じたりと、同じ20Kmでもこうも感じ方が違うのかと痛感しました。そんな気持ちの変化を、太極拳TOMI先生に話すと、次の禅語を教えてくれなげかけてくれました。

『平常心是道』

普段の心こそが道である。
自分の心に素直になってみればいい。そんな事を言いたかったのかと禅語の深さも同時に感じつつ
今の自身の状態に置き換えて解釈しようとしてみました。
ただ、このコトバとてもとても深いので、是非一度検索してみて下さいね。
そんなこんなで気持ちの変化に少し立ち止まり
何故走るのか、走ることの意味を今一度、思い返し気持ちの整理、再確認をしたこの日でした。

 

さてさて、5月の1日よりスタートして、31日目。
1か月が経ち、総走行距離900Kmを超えました。
ピンとこないのでGoogle Mapで見てみると
直線距離だと北海道までいけちゃいますね(笑)。

現在もおひとりチャレンジは進行中。
また〝Everyday 20km Running〟記録後半でみなさんへご報告しますね。

SATORU

 

  • Nadi Staff Blog はこちら