Nadi | Kyoto Kitayama Outdoor & Studio Fitness Club

クラス予約

Nadi | Kyoto Kitayama Outdoor & Studio Fitness Club

blog

スタッフブログ

東洋医学と西洋医学のススメ

2015.08.04 / Category: カラダとココロ

share:

こんにちは!

 

トレーナー&鍼灸師のスタッフTERUです。

 

今日は、私が普段の身体のメンテナンスを行う中で沢山の情報を参考にしている、「東洋医学」と「西洋医学」についての違いについてお話します。

 プレゼンテーション1

一言で「東洋医学」を説明すると、「伝統医学」、「経験医学」であるということです。

東洋医学の本流は、古く中国を初めインドのアーユルヴェーダやパキスタンのユナニなども、東洋医学に数えられアジア圏で古くから伝わるものです。その中身は、自然との関わりを大切にしたもので、人も自然の一部であることを非常に大切にしています。Nadiでお馴染みであるヨガも同じ流れを組むものと言えます。

 

一方の「西洋医学」は、身体の細胞一つ、一つまでを細かく検査することで、原因に対し治療を行う、比較的に歴史の新しい治療法です。現在の日本は西洋医学がメインです。さまざまな手術や臨床試験など科学的なデータや資料を沢山収集して得られた情報をベースとした医学となります。

 

治療方法も独特で、手術を施すことや投薬をして悪いところを治療する西洋医学スタイルに対して、東洋医学は全体のバランスを整えることを優先し自然治癒を目指します。言わば、「自然に手を加える西洋医学」に対し、「自然を活かす東洋医学」と言えます。

 

どちらが良いかということはその時と場合によりますので一概に言えませんが、東洋医学の方が、その人自身の治癒力を高めるため、対処療法ではなく、根本的な治療に繋がる傾向があります。

 

自分にあったものがどういったものなのか、先ずは正しい知識と理解を深めていただけたらと思います。

  • Nadi Staff Blog はこちら