Nadi | Kyoto Kitayama Outdoor & Studio Fitness Club

クラス予約 クラス予約

Nadi | Kyoto Kitayama Outdoor & Studio Fitness Club

blog

スタッフブログ

KOBE▶︎OSAKA 100km Running Event【後半編】

2021.04.26 / Category: Blog, ランニング

share:

さてさて60Km地点を過ぎ
淀川河川敷に入っていきます。

KOBE▶︎OSAKA 100km Running Event【前半編】はこちら

ここからは、前半の様子とは
カラダも、和やかな観光ランの状況ともガラリと違った
表情を見せる100kmイベント第2章のはじまりはじまりです。

まず、この淀川河川敷エリアからは
信号など立ち止まるタイミングがなくなり
淡々とペースを刻むランニング。

走行距離も60Kmを超え未知なる距離感に、
足のダメージ、疲労感共にドンと現れ

淡々と進む中で、
自らのカラダの様子と一気に対峙する時間が訪れる事になります。

とは言っても、Nadiのランニングイベント
ここまで、ワイワイと笑顔で走ってきた皆さん

お互いに声を掛け合い、気持ちを鼓舞して進んで行きます。
まだまだ、気持ちはフレッシュです。

朝日を見ながらスタートしてから12時間。
もうすっかり夕日の影が伸びる時間に。
太陽が出ている間、ずっと走り続けて来たんだなと
皆さん感慨深い思いで、サンセットラン。

完全に日が沈んだ後は、ナイトランになります。

視覚はライトで照らした足元の周辺のみ
ビルの灯を見ながら、スタートと変わらないペースで進んでいきます。

日が沈むと、カラダの冷えや、
気持ちの部分での疲労感が一気にあらわれてくるんです。

太陽の偉大さを感じる瞬間ですね。。

こんな時、嬉しいのが暖かい飲み物。

エイドでのサポートは皆さんのラストスパートの大きな支えとなりました。

長かった淀川を後にし、京都へ続く桂川へ

この頃になると、ほぼ交わす言葉はなくなっています。

数十時間共に走ってくる中で
言葉はなくとも、足音や呼吸音でそれぞれが一歩一歩を前に進めていく
キツイ中にも集中力のある、なんとも素敵な時間でした。

数十キロ先に、光る京都タワーを目にした時の盛り上がり。
これまで何回も京都タワーを見て来ましたが

間違いなく、今までで一番キラキラと輝いて見えました。
ただ、見えてからが遠いこと遠いこと。。。

そしてついに感動のフィナーレ。
京都タワーが一番綺麗に見える場所でのゴール。
約16時間、終わってみれば神戸から京都まで、走行距離104Km。。。
プラス4Kmは私からのプレゼントです。(笑)

このイベントに応援に来てくださった方、そしてご協力頂いた方
すべての方々の応援が本当に力になりました。


実は今回の100kmイベント、昨年度に実施した〝WTK100〟がきっかけだったんです。
▶︎WTK 100の詳細は、こちらをご覧ください。

まず、昨年度末のWTK100に、たまたま応援に来られていた女性会員さん。
この時、本人も驚くほど気持ちが動かされ即座に、未知の100Kmの大会にエントリー。
それから半年間、来る日も来る日も、その日に向けて努力を続けてこられました。
ところが、新型コロナウイルスの影響で間際の中止。
このチャレンジを自らの分岐点と位置づけていたこともあり、何とか1人でも走りたいと相談を受けました。自らレースディレクターとして実施したイベントがきっかけになった、新たなチャレンジ。
この情熱を何とか繋げたいと、今回の100Kmイベント企画へと繋がりました。
Nadiに来られた時は、わずか1Kmしか走れなかった彼女が、
数年後には100Kmを見事完走できるまでに。

点と点が繋がり、また新たなチャレンジの拡がりをみせた100Kmのイベント。
そして、今回Nadiから8名の100Kmウルトラランナーが生まれました。

ただ、このイベントに参加しようと
勇気を出しエントリーしスタート地点に立った方すべてが主役です。

本当に皆さんお疲れ様でした!
皆さんへは、Nadiから細やかなプレゼントをさせていただきました。

神戸から京都。
繋がりから生まれた、新たなチャレンジ。
みんなで走る事でとても楽しい100Kmの旅になりました。

SATORU

気付き。

2021.04.24 / Category: Blog

share:

本日はとても新緑が綺麗な一日のはじまり。

緑が綺麗なスタジオでは
YUKAさんの〝ナチュラルフローヨガ〟

緑に囲まれたアウトドアでは
SATORUの〝モーニングラン〟

同じ場所でも、緑がこんなに綺麗だと気付く新鮮な瞬間。

モーニングクラス後のハーブティーでほっこり
ティーパックの持つところに素敵な言葉が

〝Nature does not hurry
yet everything is accomplished.〟

自然は急ぐことなく すべてが達成される。
身近にある自然には、そのもののゆったりとした流れがあるということですかね。

急がず、ゆったりと過ごす事でいつもと違った気づきがあるかもしれませんね。
そんな今朝のひと時でした。

SATORU

滋賀さんぽ -Apr.-

2021.04.21 / Category: Blog, 京散歩、滋賀さんぽ、奈良さんぽ

share:

4月の『滋賀さんぽ』は

八日市の【太郎坊宮(阿賀神社)】さんへ。

太郎坊天狗が守っていると言われている神社は

標高350mの赤神山の中腹にあります。

下から見るとなんだかちょっと・・・日本っぽくない風景(笑)

その本殿へと向かう道は

740段の階段を登りきること!

と言い切っては見ましたが

・・・実は途中まで車でも行けるんです・・・笑

まぁ、でも歩いて登ったほうがご利益がありそうな感じがするので!

皆さんで740段チャレンジ!

ひたすら階段を上った先に本殿があります。

そんな太郎坊宮さんを訪れるところから始まった

この日の『滋賀さんぽ』

新緑がキレイな八日市の見どころと、

毎回楽しみなランチの様子はコチラから♪

 

アウトドアに参加した事がない方も

初めてのアウトドアは『滋賀さんぽ』『京散歩』から、ぜひどうぞ(^^)/

KOBE▶︎OSAKA 100km Running Event【前半編】

2021.04.16 / Category: Blog, ランニング

share:

神戸大阪京都。

この3都市、3つの塔を自らの足で走って巡る
その名も〝 三都(塔:Tower)巡りRunning 
総距離距離は、『100Km』。

100kmとは、フルマラソン約2.5回分相当の距離。
神戸から大阪経由して京都まで。
なんとなく、電車や車などでイメージすると概ね所要時間などは想像がつくかと思いますが、
この区間を走るとなると…なかなか想像つきませんよね。

今回はあえて、1wayで走った距離をより実感できるようにしてみました。
ルートは、神戸(ポートタワー)大阪(通天閣)京都(京都タワー)3つのtowerを巡ります。

このイベントを企画し、皆さんをアテンドするのは、私Nadi SATORU
もともと神戸、大阪、京都と住んでいた事もあり、
皆さんに各地の魅力を伝えれるような楽しいルートを独断と偏見で設定させてもらいました。

イベント当日の朝。
辺りは真っ暗なAM5:00
京都北山はNadiよりスタート地点神戸へ向かいます。

AM7:00
現地での集合地点神戸駅へ

スタート地点には100kmイベントにチャレンジする
参加者
13名、サポートスタッフ3名の総勢16名が集結しました。

準備を整えAM7:30
JR神戸駅からいざ出発!

この日の天候は、雲一つない晴天。
朝の神戸ハーバーランドからの見える景色は、
スタート直後の気持ちを盛り上げる最高のロケーションです。

青い空、一面に広がる海。
そしてモザイクの大観覧車と間違いなく、
この100Kmの中でもハイライトとなるような景色が続きます。

1つ目のTower
神戸の〝ポートタワー〟チェックポイント通過!

どこを切り取っても絵になりますね。
ちなみに止まっての撮影は数秒単位で行っています(笑)。
神戸港をしっかり堪能し、歩みを進めます。

次に訪れたのは、
神戸元町にある中華街〝南京町〟。

ほとんど人がいない南京町はとても新鮮。
それもそのはず、早朝の時間にはお店などは開いていませんからね。

観光地などを巡る時は、早朝にランやお散歩して巡るのをオススメしています。
その土地ならではの様子や雰囲気を、少し違った角度から味わうことができるんです。

神戸は何度も来ているけど
実際走って巡る事は、ほとんどない参加者の皆さん。
不思議といつもとは見え方や感じ方が変わるのを実感してもらいました。
これもラン巡りの魅力の一つですね。

神戸旧居留地 ランニング

旧居留地、ここも神戸っぽさを感じれる場所です。

スタートから3km。
すでに神戸の魅力をお腹いっぱい満喫。

HAT神戸 兵庫県立美術館

HAT神戸の海岸沿い。兵庫県立美術館。

今から100kmに挑む事を、忘れてしまうぐらい
はじまりからとても和やかでワイワイとしたNadi ならではのグループラン。

とは言っても、これから長い道のり。
少しのロス時間が積み重なると、日が変わるまでにゴール地点の京都に着かないので….。

走る平均ペースは、全行程を通して、約7分30秒/Km
エイドポイントでは最長でも10分未満の補給時間。
信号待ちなどで取られる待ち時間なども計算すると、
なかなか進行予定スケジューリングは分刻み。

Nadi100Kmランニングイベント スケジュール

当日使用したイベント進行スケジュール。

和やかな雰囲気ではあるものの、ゴールに向けて限られた時間内でのイベント。
走るところは走る、休憩時間も設定時間内で素早く取るなど、
メリハリが効いたいいバランスで進行していきます。

そんな中、サポートスタッフが各ポイントにて走るみなさんのお手伝い。
分刻みの補給時間も、スムーズに補給が行えるよう、手厚くサポートさせて頂きました。

そして、嬉しいことに
途中で、応援に駆けつけて下さるNadi 会員さんも!?

神戸の人気店「老祥記」豚饅などなど
エナジー補給に色々なものを頂きました。

Nadi ランイベント

皆さんの応援が、本当に走る力になりました。
ありがとうございました!

気づけば兵庫県を超え、大阪府へ突入。
高層ビルが立ち並ぶ、オフィス街も通り抜けて行きます。

いよいよ、フルマラソンの距離を超えても
まだまだ元気な皆さん。

2つ目のTower
大阪のシンボル新世界の〝通天閣〟チェックポイント2を通過!

通天閣 Nadi 大阪

大阪ならではの、10円自動販売機や

あべのハルカスが見える天王寺公園を通り

大阪城、天守閣へ。
大阪市内も観光名所をしっかり完走!

この時点で、50km
そして、いよいよ淀川河川敷へ。
ここからが後半戦、次のステージのはじまりはじまり。

前半の和やかな観光ランニングとは、
全く違った、100kmイベントの表情を見せることとなります。。。
そちらの模様もお楽しみに(笑)。

後半に続く

SATORU

月曜ピラティス

2021.04.12 / Category: Blog, スタジオプログラム, ピラティス

share:

4月より

月曜日11:30~の『マットピラティス』クラスに

新しい先生が来てくださいました☆彡

少しご紹介させていただきます♪

【YURIKO】

【プロフィール】
2003年、働いていた大手フィットネスクラブが国内初導入したのがピラティスとの出会いでした。

膝や股関節をスポーツ障害で傷め、スキー場での事故により年1度は動かなくなっていた頚椎周りがピラティスで激変、
他のエクササイズになかった良さを体感しました。

 

STOTT PILATESで生体力学に基づくピラティスを学んだ後、繊細なハンズオンと確かな理論の上に組み立てられた
フュージョンスタイルのピラティスを指導される
Marie-jose blom先生のコースの門を叩きました。
2019年全てのコースを修了。

【資格】
Core intelligence(by Marie-jore bloom)
Pilates Leadership Concept (by Marie-jore bloom)全モジュール修了
Pilates Leadership Introspective 全モジュール修了
STOTT PILATES®️(Fullcertified)
・健康運動指導士

【メッセージ】
いくつになっても、どんな怪我や病気をしてもピラティスは
「人が持つ本来の力」を再生するサポートができるエクササイズです。
人間の体の可能性は無限大。
ピラティスを通して、皆様の快適な生活のお手伝いができれば幸いです。

ピラティス歴も長いYURIKO先生。
またクラスで色々なコト聞いてみてください!

新しくなった月曜ピラティスでもお待ちしております(^^)/

  • Nadi Staff Blog はこちら