Nadi | Kyoto Kitayama Outdoor & Studio Fitness Club

クラス予約 クラス予約

Nadi | Kyoto Kitayama Outdoor & Studio Fitness Club

blog

スタッフブログ

一年の締めくくり。

2021.12.28 / Category: Blog, ヨガ

share:

Nadi年内最終日となった本日は、

年末恒例、スタジオ特別イベント108回の太陽礼拝』。

1年を締めくくるにぴったりの企画です。 

今回は、YOSHI・SATORUの2人がリードを務めました。

このイベントにて、Nadi 2021年内最終のクラスとなります。

今年も1年間、Nadiをご利用頂きありがとうございました。

来年も皆様にとって素晴らしい年になりますように願っております。

年始は1月5日(水)より通常営業となります。

それでは、来る年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

良いお年をお迎え下さい。

  

Naid staff 一同

「WTK 100」 vol.3

2021.12.27 / Category: Blog, トレイルランニング, ランニング, 京都ときどきRUN

share:

WTK100」とは、

いつかやりたいなら、今すぐやろう。

ワタクシSATORUが、
3年前当時1人でとある感謝の気持ちではじめた勝手100mile


その中で、走る事においてのきっかけや繋がり、影響を与えくれた大切な方へ感謝の気持ちを込めて
共に100mileの時間を自らのホーム地である京都Nadiで共有したい。
そして同じ想いをもった走る仲間を繋げていきたい。
そんな想いで、続けてきた今回で3回目となる個人的な企画。

100mile、普段ではまず経験しない道のりに挑まれた
それぞれの方にドラマが詰まった約2日間、
自らも走りながらの状況を中心にお伝えしたいと思います。

今回のWTKには、色々な思いを持った総勢8名の方にご参加いただきました。
はじめて挑戦する方や、前回時間には間に合わなかったリベンジの方など。
またその中には、昨年度WTKにて走るみんなの姿をみて、
1年間この日の舞台を目指し準備してきた
Nadiでは、ピラティスを担当するDAIKI先生の姿も。

スタートには応援の方々を含め多くの方に集まって頂きました。

スタート地点に集まったみなさんと主発前、円陣を組むと
どこか懐かしい想いが駆け巡ります。

思い返せば、人生の半分以上を野球をして過ごしており
試合前や練習など、いつもこうやって円陣の中心で声掛けをしていたな…っと。

「今しかない、この時間を共に楽しみましょう」と。
円陣にてみなさんへ伝えたかったはずなのに。

出てきた言葉は…

「これから道のり何かあったら、空を見上げてみよう。
同じ空の下みんな繋がってるので。」

不断なら、なんともこそばゆいくらいのこんな言葉が
自然と心地いい雰囲気のこの感じ。

はい、青春っすね。

そんなこんなでスタートした100mileの旅。
Nadiを起点として鴨川を走り抜け

銀閣寺から大文字山山頂、南禅寺や平安神宮を繋いだ
ロードとトレイルを合せた

1ループ約26.7Kmを6周
TOTAL160Km=100mileの距離を
31時間以内での完走を目指します。

朝日と共に出発し
夕日を見ながら大文字を走り抜けて行きます。

それぞれの時間で、京都魅力を走って満喫できるよう設定したコース。
一晩中、一睡もせずに160Km先のゴールを目指して進みます。

また、この100mileにはペーサーといった
選手が連れてきた仲間と共に、伴走できる制度を設けているのも特徴の一つです。

前年度、参加いただいた100mileの世界では、知る人ぞ知る
日本を代表する100マイルレーサー井原知一さん、通称TOMOさん。
今回ノラペーサーとしてサプライズ登場!
共に走れるまたとない機会で、みなさん大きなパワーをいただきました!

いつも通っている場所も、
この時は違った景色に見えるのもこういったイベントならでわ。

そして、山に入ったと思うと
ふと京都っぽい街並みの雰囲気もしっかりと味わえます。
そうたっぷり、24時間以上も。

もちろん、エイドとなるNadiに帰ってくることは何よりの
気持ちの支えになるんです。

唯一、約30Kmに一度
腰を下ろして補給を取ることができるエイドの場所。

しっかり動き続けるために
しっかり食べる。
エネルギーの補給は完走することにおいて、とても必要なことなんです。

食べれなることは
進めなくなる事に直結してくるんです。

「力になるわぁ」

エイドサポートの方、応援の方
全てが走る力になる、そう心から思えるエイドエリアでした。

嬉しい事に、Nadiの2階スタジオからも
クラス中にも関わらず、皆さんが声援を送ってくれました。

一晩を越えた選手たちが
それぞれの長旅を終えゴールを迎えます。

おもわず、熱い思いが込み上げてくる瞬間。

100mile=160Kmを超える想像もつかない長い距離
ゴールする唯一の方法は、とてもシンプルなんです。
ただ、1歩1歩前にすすみ続けること。

1人では決して成し得る事ができなかった
選手すべてに、それぞれのドラマがあるそんな100mileとなりました。

ゴールの表情は、
なんとも言えない達成感と安堵感。
どちらにしてもみなさんいい顔をしています。

最後の1人のランナーまで戻りを待ちます。
ただ。。。
一睡もせず、走ってきたランナーは
少し気を許せば、落ちてしまいます(笑)。

そらそうですよね。
夢の中でもまだ走ってそうです。

昨年度から100mileを目指して走ってこられた
DAIKI先生も制限時間には惜しくも間に合わなかったものの、見事完走!

最後に100mile完走の証であるバックルを授与し
今回でvol.3となるWTK100も、皆さまのお陰で無事に終了する事ができました。

毎回皆さまのご理解とサポート、応援があってなりたっているこのイベント。
私自身走っていた事もあり、ゆっくりとお話しできる時間がなく、
お礼のご挨拶もできなかった方々いたと思います。
この場を借りて改めて感謝の気持ちをお伝えしたいです。
本当にありがとうございました。

今回も、初の100マイラーが多く誕生したこと本当に嬉しく思っています。
異例のバックル返上パターンで再戦を挑み、見事リベンジで制限時間31時間を笑顔で成し遂げられた東京勢の面々、大会直前の声掛けにもこころよく参加を承諾してくれた仲間たち、そしてペーサー初100マイラーに、下克上パイセン…etc

ひとりひとりにそれぞれの100マイルのストーリーがあり、走りの中でそのドラマに立ち会えた事、時間を共有できた事、嬉しい限りです。

今回もこうやってvol.3を開催できたのも、出たいと思っていただける方、応援したいと思っていただける方々、そして自分自身に関わるすべての皆さまのおかげです。

運営自体は、まだまだみなさんにご協力いただきながらの未熟なところだらけですが、みなさまのおかげで、目指しているとてもあったかい雰囲気の笑顔溢れる素敵な企画になったと思っております。

皆さんが、いかに楽しんで頂けるかを考えながら、ようこそと言えるよう次回の開催も考えていけたらと思っておりますので、vol.4も是非お楽しみにして頂けると嬉しいです。

同じ空の下で繋がった皆さま。

ふと空を見上げた時には、またこの京都での100マイルの旅を思い出してもらえると嬉しいです。

またお会いできる日を楽しみにしております。

皆さまにまたようこそと言えるその日まで。

WTK100 レースディレクター  SATORU

 

いちごの気持ち。

2021.12.17 / Category: Blog, Nadiの日常

share:

ショートケーキのイチゴを食べるのは最初?最後?

そこからわかる心理とは!?

突然ですが!

みなさんは、ショートケーキのイチゴは最初に食べますか?最後に食べますか?

ちなみにぼくは最後派です。

でもそれって、

性格診断的にどうなんだろう?と思い調べてみると、

それぞれにメリットがあるということがわかりました!!

◎最後に食べる派のメリット

・脳科学的には、、、

最後まで好きなものを我慢する忍耐力を持つタイプ。

・経済学的には、、、

目先の誘惑に勝てない、ギャンブルに走ってしまうタイプ。

◎最初に食べる派のメリット

・生理学的には、、、

食べ始めは味覚が敏感なので、最初に美味しいものを食べる方が合理的。

・心理学的には、、、

初頭効果というものがあり、最初の印象が全体の印象に強く影響するというものです。

最初に美味しいものを食べれば、その食事全体がとても美味しかったという思考になりやすい。

と、専門家の見解はこんな感じでした。

まぁ、どっちでもいいような気もします笑

イチゴといえば、、、

前回即完売だった、宮前農園さんのイチゴが再入荷しております!!!

前回は紅ほっぺだけでしたが、

今回はあきひめと2つの品種をご用意しています。

あきひめは紅ほっぺに比べて、より甘みが強い品種だそうです。

1年頑張ったご褒美にいかがですか?

今回も数に限りがあるので、ご希望の方はお早めに!

ちなみに、火曜日と金曜日の夜にコミュニティランをしている

私DAIKI.Y(宣伝)のクラスは数に限りがないので、ギリギリでもOKです!

とブログを書いていたら、

外では初雪が!!!

明日から一段と寒さが厳しくなるようなので、

体調管理に気をつけてお過ごしください。

DAIKI.Y

滋賀さんぽ@湖東

2021.12.15 / Category: Blog, アウトドアプログラム, 京散歩、滋賀さんぽ、奈良さんぽ

share:

11月最終日は秋の紅葉満喫!滋賀さんぽ

今回は紅葉で有名な湖東三山と多賀大社を巡る
のんびりルートにしてみました。

まずは湖東三山のひとつ『西明寺』へ。

平日という事もあり、人も少なく、紅葉はちょうどいい感じに色づいていて
最高の散策日和♪

ここは紅葉だけでなく、苔や不断桜と紅葉の競演もみごとなお寺なんです。

山寺なだけにお庭の散策もアップダウンがありますが
歴史ある古い建造物にはまた山の中の静かな雰囲気がよく合います。

湖東三山を訪れたのが今回が初めての方も多く
ちょうどタイミングよく
本堂の中で西明寺についてのご案内も聞くことができました。

米CNNの『日本の最も美しい場所31選』に選ばれたのも納得の風景!

西明寺散策の後は本日のランチタイム。

今日の目的地、多賀大社方面に向かい、少し山の方へ。
田園風景の中にポツンと佇む1軒の建物『ハーブ&農園レストランピノー』さんが今日のお昼ごはんの場所。
ログハウス作りの建物の中に入ると、薪ストーブのいい香り。

 

窓から見える風景やお野菜たっぷりのコース料理、クラシックの流れる雰囲気が
長野のペンションを思い出し、ちょっとしたリゾート気分も楽しめました。

その後、立ち寄った『大瀧神社』では思いがけず渓谷の綺麗な紅葉に出会い

名神高速道路多賀SAから歩いて行ける!というちょっとめずらしい立地にある
『胡宮神社』では
これまたキレイな紅葉の風景が至る所に!

今年の滋賀県では思いのほか赤い紅葉が楽しめました♪

この2つの神社は私も初めて行きましたが、とても静かでおススメです!

胡宮神社は多賀大社の別宮と言われている場所で、敷地も広くゆっくりと散策するのも良さそうですよ。

どちらも多賀のおすすめ紅葉スポットとして挙がっていたので
ぜひ来年の紅葉巡りにリストアップしておいてください♪

そして本日最後の目的地
『多賀大社』へと。

毎年新年の初詣では多くの人で賑わうここ多賀大社も
この時期の平日はさすがに空いていました!

子供のころ毎年のように通っていた太閤橋!
大人が登ってもなかなかの急坂加減で高さもあります。

慎重に慎重に下りていく感じ。

どっしりと風格のある本殿!

こんなに空いててゆっくりお参りできるのもこの時期ならではかもしれません。

そして多賀大社のお土産と言えばやっぱりこれ!
私も大好きな『糸切餅』♡
金太郎飴のように細く伸ばしながら糸で切って作られているんです!

締めはしっかりお土産もゲットして、
今日は滋賀の湖東、神社紅葉巡りの『ゆるーり滋賀さんぽ』な一日でした!

1dayノルディックウォーキング@高島

2021.12.07 / Category: Blog, アウトドアプログラム, ノルディックウォーキング

share:

11月のノルディックウォーキング

紅葉の時期は毎年のように訪れているマキノ高原へ

今回はマキノへ向かう途中、高島の紅葉ポイントとして紹介されていた

『大荒比古神社』へ初めて立ち寄ってみました。

少し奥まった場所にあり、大きな通りからは見えないのですが、

行ってみればなかなか立派な神社!!

そして今年初!ぐらいの真っ赤に染まる紅葉も見ることができました!

誰もいない、貸切りの穴場スポット♪

お天気も良く、シュッとただ立ってるだけでもなんだかかっこいい景色!

入り口鳥居の辺りもいい感じでしたよ!

こちらは黄葉が楽しめる場所。

いきなり赤と黄色の紅葉満喫しました!

 

さて、ここからが本番!!

道を進めマキノ高原メタセコイヤ並木へ。

日曜日という事で車も人も大大大渋滞!!

ココは本当に人気がありますね~

私たちは人混みを避け、少し裏通りを行くと紅葉がステキな小さな神社発見。

何度も来てるのにここも実は初めて立ち寄りました!

大渋滞のメタセコイヤ並木を横断し、今度は山手へと

登り道もノルディックポールを持ってるとちょっとは楽ちんです!

坂道を登り切った先は『緑が池』

またまた貸し切り(笑)

「そういえば前はここでご飯食べたね~」なんて2度目3度目のメンバーさんもいて思い出話にも花が咲きました!

ここでも思いのほか、これまたきれいな紅葉に出会えました♪

青空によく映える秋の彩り。

思わず写真も撮りまくりです!!

マキノ高原への下り道もまだまだ紅葉の景色を楽しみながら♪

青空の元、色とりどりの紅葉を満喫した1日でした。

ノルディックウォーキング。

少し寒くなってもしっかりポールを使って歩けば体もぽかぽか温まるので

この冬もでかけてみよっかな~♪

 

青空と真っ赤な紅葉をバックに
☆オマケのゴレンジャーポーズ☆
とそのオマケ♪

 

 

  • Nadi Staff Blog はこちら